カラーで選ぶインテリア「7 : 2.5 : 0.5」の配色とは?

家具を選ぶ時に何を基準に選びますか?

デザイン、サイズ、材質、価格、、様々ありますが、理想のお部屋を想像したときに「○○色のソファを置きたい」「○○色をメインとしたお部屋にしたい」など、カラーからほしい家具をイメージする方も多いのではないでしょうか?

今回はインテリア選びに重要な配色についてと、色別のおすすめ商品をご紹介します。

理想のお部屋作りは配色がカギ!「7 : 2.5 : 0.5」の配色とは?

「7 : 2.5 : 0.5」

この比率、実はお部屋をバランス良く見せるカラーコーディネートの黄金比率なんです。

お部屋の配色を次の3つに分けることでバランスよく整った見た目に仕上げることができます。

・ベースカラー (70%)
一般的に壁や床、天井といった大きな面積を占める部分。
白やベージュなどの明るい色は部屋全体を広く見せるため、一般的な壁色として採用されており様々なインテリアと相性がいいです。

・メインカラー (25%)
インテリアの主役になる色で、カーテンや家具、カーペットなどにあたることが多いです。
室内の雰囲気を決めるために重要な役割を果たす色で選んだ色によって部屋の印象が大きく変わります。

・アクセントカラー (5%)
部屋のアクセントとして利用される色。
インテリア雑貨や観葉植物などの取り替えやすいアイテム類を指し、好きな時に簡単に取り替えることができます。

情熱やエネルギーの象徴の赤。
暮らしに元気や活力をもたらします。
空や海などを連想させるさわやかな青。
清潔感・清涼感を与え、心身を落ち着かせる効果があります。
癒しの色の緑。
リラックス効果が高く、気持ちを穏やかにする効果があります。観葉植物を取り入れても◎
光に最も近い色で、すべての色の中で一番明るいと言われている黄色。
気持ちを明るく前向きにしてくれる効果があります。

大地や樹木など自然界にも多く存在する色でアースカラーとも呼ばれています。
心を落ち着かせ安らぎを与えてくれます。

シンプルで洗練された雰囲気を演出できるモノトーン。
世代やトレンドを問わず人気が高く、清潔感とスタイリッシュな印象を与えることができます。


毎日目に触れるインテリアだからこそ、好きな色をはじめ、その色の持つ効果を有効的に使ったり、差し色に挑戦するなど、Kigaeのサブスクで気軽にインテリアを楽しみましょう。