Light your life お部屋を演出するインテリア照明

照明は明かりをともすだけでなく、インテリアアイテムとしても重要な役割を果たしてくれます。お部屋の居心地を良くし、温もりを感じさせてくれる重要なインテリアの一部です。

しかし、照明と言ってもたくさんの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
照明を選ぶ際には、照明の分類や特長を知っておくと、最適な器具を選びやすくなります。照明の基礎を知って、お部屋の用途に合ったお気に入りの照明を探しましょう!

照明の種類と特徴
①シーリングランプ

天井面に直付する照明。
高い位置から照明を照らすので、広範囲に光を届けることができます。広いリビングを1つの照明でまかないたい時にぴったりの証明です。

主な使用場所:リビング/寝室/和室/子供部屋 等

②ペンダントランプ

コードやチェーンによって吊り下げるタイプの照明。照明を吊るすことによってインテリアのアクセントとなるのがペンダントライトの魅力のひとつです。

主な使用場所:ダイニング(食卓)/リビング/寝室/階段 等

③シャンデリア

華やかな装飾がついた照明。
美しく華やかなシルエットのシャンデリアは、取り付けるだけでゴージャスな雰囲気が漂い、お部屋がワンランク格上げされた気分になります。

主な使用場所:リビング/ダイニング(食卓)/寝室 等

④フロアランプ

床に置いて使用する補助照明。
おしゃれなデザインのものが多く省スペースで設置可能。お部屋に置くだけでインテリアを格上げしてくれます。

主な使用場所:リビング/寝室/玄関 等

⑤テーブルランプ

テーブルや棚の上に設置する照明。
ベッドサイドなどの補助的な明かりを気軽に追加できる便利な補助照明です。

主な使用場所:リビング/寝室/書斎/玄関 等

電球とLEDの違いとは

・白熱電球

白熱球の灯す暖色の明かりは、ホッと和むような暖色の明かり。料理を美味しく見せてくれるので、ダイニングの電球にお勧めです。
また、白熱球は全種調光機能に対応可能ですが、蛍光灯・LED電球は、調光機能が対応可能タイプと
不可のタイプに分かれます。
電球本体の値段はリーズナブルですが、蛍光灯やLEDに比べて電気代が高いのがデメリットでもあります。

・蛍光灯

蛍光灯の特徴は何といっても、省エネです。
白熱球に比べ電気代が、なんと約1/4。リビングなどの長時間電気を使用する場所におすすめです。
また、光色は「昼光色」「白昼色」「電球色」の3色から選ぶことができます。
しかし、スイッチをONにしてから100%の明るさになるまで数分かかる為、玄関やお手洗いなどのON/OFFが頻繁な場所には不向きです。

・LED電球

電気代は白熱球の約1/8、電球の寿命は白熱球の20倍以上の、最も経済的な電球です。
蛍光球同様、リビングなどの点灯時間が長い場所におすすめ。
電球自体の価格は、白熱球の約10~20倍ですが、一度設置すると当分電球を変える必要が
ないので長い期間使うのであれば断然お得です。

Kigae’s item
NEC LEDシーリングライト
¥340/月~
DF4シーリングランプ
¥820/月~
EPペンダントランプ
¥820/月~
GAシャンデリア
¥910/月~
SEフロアランプ
¥820/月~
ACテーブルランプ
¥1,000/月~

お部屋の雰囲気を簡単に変えることができる照明。
こだわりを持って用途に合った照明をチョイスすることで、暮らしに対する満足度も大きくアップします。
お気に入りの照明で、素敵な毎日を送ってください。