後悔しない!ダイニングテーブルの選び方のポイント

ダイニングテーブルはお部屋の中でも大きくスペースを取り、どんなテーブルを選ぶかによって空間の雰囲気も大きく変わります。
また、ダイニングは家族が集う大切な場所です。
今回は、過ごす人数や生活スタイル、デザインなど、ダイニングテーブルを選ぶ際に知っておきたいポイントをご紹介。
ぜひダイニングテーブル選びの参考にされてください。


一人あたりのスペースは幅60cm、奥行40cmが理想

ダイニングで快適に過ごせる1人分のスペースは、およそ幅60cm×奥行き40cmと言われています。
まずは最適なスペースを知って、ゆとりが持てるようなダイニングのサイズを決めましょう。

目安サイズ
・2人 幅80~100cm 奥行80~100cm
・4人 幅120~150cm 奥行80~100cm
・6人 幅180~200cm 奥行80~100cm

・1本脚

(〇)
椅子を自由に配置できる
(△)
1本の脚で支えるため床につく部分が大きくなり、傷・ほこりが多少目立つ
壁に向けてのレイアウトは不向き

・2本脚

(〇)
四隅があいているので、椅子を大きく引かなくても人の出入りがしやすい
(△)
短い辺に座った場合はテーブルの脚が邪魔になることがある

・4本脚

(〇)
安定感がある。短い辺にも椅子を入れることができる
(△)
脚とシートの間に十分なすき間がない場合、椅子を大きく引いて出入りしないといけない。
複数人で一緒に座るベンチタイプは誰かが出入りするたびにベンチを動かす必要があり面倒。


・まったりくつろげるソファダイニングタイプ

食後にリビングに移動せずともダイニングでそのままリラックスできます。
ダイニングとソファの両方を置くスペースがない方にもおすすめです。

・顔をみながら会話を楽しみたい円形タイプ

円形テーブルはの大きな利点は、話し相手の顔が見やすい事です。
同席している人と視線を交わしやすく、コミュニケーションがとりやすくなります。
和気あいあいと会話の弾むダイニングになるから家族の食事時間を大切にしたい方や友人を招いて過ごすことが多い方におすすめです。

・食事だけではなく、読書やおうちカフェも楽しむハイテーブルタイプ

来客の多い一人暮らしの方や二人暮らしの方。
また、スペースに余裕があればダイニングテーブルとは別に、簡単な食事やお酒を楽しんだり、作業をおこなう場所として。
自宅にいながらカフェやバー気分を味わうことができます。

・来客が多い場合は伸長式テーブル

来客時には大きなテーブルが欲しいけど、普段は限られたスペースを広く使いたい方におすすめ。
来客時以外にも、鍋やホットプレートでテーブルが狭くなるといった場合にも助かります。

Kigae’s item
04テーブル
¥1,460/月~
LKダイニングテーブル
¥2,140/月~
KMダイニングテーブル
¥2,550/月~
11テーブル
¥950/月~
FDダイニングテーブル
¥1,240/月~
12ハイテーブル
¥1,120/月~

お気に入りのテーブルで居心地のいい場所へ。
ダイニングテーブルは人数やシーン使い方に応じて適切なものが異なります。
また、大型家具であり毎日の食事で利用するものなので使い勝手がよくないとストレスにもつながります。
ぜひ今回の記事を参考に、暮らしにぴったり合ったダイニングテーブルを探してみてください。