「見せる収納」「隠す収納」の使い分け方とは?すっきり快適な収納で暮らしが変わる

おうちの収納悩んでいませんか?
雑誌やSNSなどで見た素敵な収納に憧れ、がんばって真似してみたり、とりあえず見えないところに全部入れ込んでみたものの、どこにあるか分からなくなったり、、

収納方法は大きく分けて、「見せる収納」と「隠す収納」があります。
それぞれの良さがあり、目的や用途、場所に応じてどっちが合っているかは人それぞれです。
「見せる収納」「隠す収納」を使い分け、使い勝手のよさも、見た目のおしゃれさも、同時にかなえましょう!


【おすすめの収納物】
・頻繁に出し入れするもの
・デザイン性のあるもの、見ると気分の上がるお気に入りのもの

見せる収納の最大の特徴は「収納物を取り出しやすい」ことです。
また、ものをインテリアとしてあえて見せることでお部屋の雰囲気をグッとおしゃれにしてくれます。

例えば、料理で使う調味料などはすぐ取り出しやすいように目に見えるところに置いている方も多いのではないでしょうか。
その場合、同じ容器に移し替えると統一感がでて見た目がよく見えるように、見せる収納も形やサイズ、デザインを揃えておくと、よりおしゃれな収納になります。

・ものを取り出しやすい
・好みのテイストや個性を反映しやすい
・持ち物が一目瞭然



・落下物の危険(地震や小さなお子さんがいる家庭は注意)
・ホコリがたまりやすいのでこまめな掃除が必要
・センスがいる

KJ120シェルフLOW
¥1,380/月(24ヶ月)
他サイズ
SD2段ラック
¥840/月(24ヶ月)
他サイズ
CK125シェルフ
¥1,420/月(24ヶ月)
MYブックシェルフ
¥1,070/月(24ヶ月)
SCラック
¥2,270/月(24ヶ月)

≪Hanger rack≫

コートやバッグ、帽子などのおしゃれアイテムをあえて見せることで、セレクトショップのような雰囲気を演出。

GYハンガー
¥1,260/月(24ヶ月)
LKコートハンガー
¥330/月(24ヶ月)
MKハンガー
¥910/月(24ヶ月)

【おすすめの収納物】
・生活感の出る消耗品やストック品
・色や形がまちまちな雑貨

隠す収納のメリットは目に入るものを減らし、空間を広くすっきりと見せてくれることです。
モデルルームやホテルのような生活感のないスタイリッシュな雰囲気に仕上がります。
何も考えずにものをそろえていくと、どうしても色や柄があわずにぶつかってしまうことも。
どうしてもインテリアがうまくいかないと感じたときはとことん隠すことにこだわるのも一案です。

・すっきりと広く見える
・掃除がしやすく、ホコリもたまりにくい
・あまりセンスは必要なく、収納内部が雑多でも隠せる

・出し入れの手間が増える
・収納場所を把握していないと探し物が増える
・ものが多いと収納家具だらけになって圧迫感が出る

RT75サイドボード
¥1,980/月(24ヶ月)
KA120サイドボード
¥4,090/月(24ヶ月)
KR70キャビネット
¥1,810/月(24ヶ月)
CFサイドボード
¥3,450/月(24ヶ月)
TIチェスト
¥2,790/月(24ヶ月)